だらしなく飽きやすいそして、低学歴・・・ (低学歴で頭が悪いのでかなり読みにくいはずです。脳内変換宜しく)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ中学1年の時の話しだお( ^ω^)
最初は皆ぎこちなかったのが1学期の後半になるにつれて打ち解け会う様になった
すると必ず何個かのグループに分かれるようになる

このクラスの場合は男女同じ感じで

・ノリがいいグループ(明るい)
・普通なグループ(中立?)
・ノリがいいグループを嫌いなグループ(暗い)

まぁノリがいいグループはいつもテンションが高くいつもクラスをそのグループが仕切る感じ
で、その仕切りが嫌いなのが暗いグループ
まぁ暗いって言っても本当に暗い訳ではなくただ短くしてみただけ
それと明るいグループと暗いグループどちらともそれなりに仲がいい中立だ

俺はと言うとなぜか明るいグループに所属していた
佐藤さんは女子の方の明るいグループの方だ

男子の明るいグループはやっぱり女子の明るいグループと話しが合うみたいで
自然と佐藤さんと仲が良くなった。

1学期はすぐに終わり2学期へ・・・


いつもの様に休憩時間に雑談をする俺とグループのみんな
どんな流れでこんな話しになったか分からないが好きな人の話になった
何人かははっきり言っていたが必ず1人はいる言わない奴
そいつは「俺は好きな人いないな」
まぁ本当だったのかは分からないが・・・

好きな人はいないと言うそいつにみんなは「ぜってーウソだ」とか笑いながら言っていた
でもそいつはいないと言い張ってた
そして俺の番ですよ

俺は正直に「佐藤さんが好き」だと言った
みんなはほーってな顔をしていた

そのあと1人が「多分無理だぞw」っと笑いながら言った
俺が「何で?」と聞き返す
そいつは「性格が合わないだろ」と言った

まぁ恋は盲目俺にはそんなの関係ねぇ!
そこでそいつに俺は「お前佐藤と仲がいいから彼氏いるか聞いてきてくれ
それと、どんな奴が好きかも」

このとき俺はコイツに頼んだのが失敗だったとは気が付かなかった・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (httpはNGなのでもし使用される場合はhを抜かしてコメントの方に書いてください)
URL:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。