だらしなく飽きやすいそして、低学歴・・・ (低学歴で頭が悪いのでかなり読みにくいはずです。脳内変換宜しく)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だか二日酔い
新たな仲間が出来てから数日後
また誰かが来た

トイレのドアを開けるとそこにはこの前と同じ奴
隣のクラスの奴だった

拒む理由もないので、雑談トイレへと暖かく迎える
そして話しを聞いてみた

いろいろ話しをしたのだが
とりあえず俺のクラスの明るいグループを絞めるということだった
何で俺たちに話したかは分からない
仲間にでも入れと言いたいのかねぇ

まぁ俺は揉めるの好きじゃないしビビリだから助言だけしといた
「トイレや放課後やつらが1人になったら絞めるといいよwww」
「1対数人じゃ勝ち目ないしねwww」

それを聞いた隣のクラスの奴は分かったそうすると言って教室に戻っていった

策士の俺が助言した日から数日経ったある日事件が起こった

俺たちがいつもの様に雑談トイレに行こうと歩いていると
男子トイレの入り口のドアが閉められてて
そのドアの前には人だかり・・・

近くの奴に状況を聞いてみると
中で俺のクラスの明るいグループの1人が大変な事になってるらしい
俺はすぐにわかった隣のクラスの奴に何かされてるのだろうと・・・

俺は心の中でm9(^Д^)ぷぎゃーってしてたね

それから数分が過ぎた
中々出てこない
ちょっと見てみたかった俺はトイレのドアを少し開け覗いてみた

ドアをゆっくり開けてみると運悪く音がなった・・・
中にいるのは十人ほどだった
全員がこっちを見るトイレの床に座ってる同じクラスの奴も
俺固まる

ちょっとして俺だと分かったのか他のクラスの奴は同じクラスの奴を絞めるのを
再開した
俺はまだ見てる・・・

見てると段々同じクラスの奴がかわいそうになってきた
小心者な俺はあとあと問題になるのが嫌だったから止めようと思った
そこで声が裏返らないように言ってみた

「お前らそこらでやめとけ」
言えた言えたよ低い声ではっきりかっこよく

俺の言葉を聴いて辞める気になったのか
「調子に乗るなよ」と言って他のクラスの奴らはトイレを出ていった
同じクラスの絞められてたやつは座ったままだった
俺は教室に戻った

その後他の奴らは絞められたのかは知らないが
俺に対しての態度がちょっと変った
基本的には用事がないと話さないが
時々どうでもいいような話をしてくるようになった
もちろん嫌なあだ名は使ってこなかった

そしてそれから仲良くなる事も無く不自然なまま中3になってそいつらとは
違うクラスになった


いじめを知っていた先生が配慮してくれて3年のクラス分けの時期に
俺にクラスで仲がいい人を聞いてきた

そして俺は山田を選んだ田中は元々明るい方の人間なので
俺はあまり好きではなかったので選ばなかったwww

そして仲のいい山田と友に中3へ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (httpはNGなのでもし使用される場合はhを抜かしてコメントの方に書いてください)
URL:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。